なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「かけ(ひや)(¥400)+ゲソ天(¥100)」@松井製麺所の写真巨大ゲソ天!

本日はコチラ「松井製麺所」へ伺い「かけ(ひや)」を。更にはエクストラで「ゲソ天」頂いて参りました。

場所は四谷三丁目。新宿通りを新宿御苑から四谷三丁目向かい、カッコイイビルの駐日韓国文化院の斜め向かい辺りにお店はあります。ちなみに本レビューは、綱渡りの日韓関係とは一切関係ございません(爆)平和なうどんレビューですw

お店は地下1階。さぬきうどんのお店らしからぬ、ちょっと小洒落た外観。まぁ、四谷三丁目界隈には馴染んでいる外観ですね。入口から小麦粉が渦高く積まれ、麺打ってまっせ!アピールが素晴らしいです。さぬきうどんはそうじゃないと!

お店に入り、テーブル席、カウンター席を抜けると券売機があります。表題食券を購入して、更に奥にある厨房のカウンターに提示。もちろん「かけ」は「ひや」でお願いしました。所謂ひやあつのオーダーです。ゲソ天は揚げ置きが無かったので、「席までお持ちします!」と揚げたてオファー。スバラシス!コチラのお店ピーク時間以外は、基本揚げたて提供なんだと思われます。他のお客さんの天ぷらも個別に配膳されておりましたので。

故に「かけ(ひや)」だけを受け取り、セルフでおろし生姜と青ネギをトッピングして、ゲソ天を待ちます。しかしながら、結構時間が掛かりそうだったので、我慢できずにおダシだけを頂きます。おダシはイリコの効いたさぬき風のおダシ、コレですコレコレ!さぬきうどんはこうじゃないとイケません。イリコが五臓六腑に染み渡ります。

更に我慢できず、うどんも1本頂きます。エッヂの立った麺は、モチモチでシコシコの歯応え。コレですコレコレ!これがさぬきうどんのコシです。硬いだけじゃなく。きっちり弾力ある歯応えで、抵抗しつつもムッチリと噛み切ればイイ塩梅の歯触りと、ズバっとススれば言うこと無しののど越し。さぬきうどんんは噛まない!と宣言されている達人も世の中にはおりますが、この歯応えを楽しんでいない訳無いですよね。ウマシカテ!ついつい、2本、3本と食べ進めてしまいました。

そして満を持して登場したゲソ天に驚きです。はじめ人間ギャートルズ級のサイズ感です。これは凶器ですか?機内持ち込み手荷物に含まれていても大丈夫ですか?無理ですよね?と言うサイズのゲソ天が登場。一応、どんぶりに載せて写真撮りましたが、優に30センチはあるゲソ天は、間違いなく危険物です。これで¥100と言うから驚きですね。

そして根元に噛り付いてみると、やはり殺傷能力の非常に高い武器でした。熱々揚げたてのゲソに、思わず悲鳴を上げるほど。これは全くもって侮れません!これはちょっとおダシに浸して冷ましてから頂くのがイイだろうと、おダシに浸けて頂くと、先端の方は、ゲソが揚がって縮んで、中身は空っぽでしたw サクサクとしたてんぷらを味わうことが出来ました。更に食べ進めると、ようやくゲソが登場!ブニブニでしっかりした歯応えのゲソは間違いなしの旨さです。しかしながら繰り返して警告します。これは凶器です!w

ゲソ天を浸してちょっと油の浮いたおダシをグビグビっと。更にはうどんもズバズバっとススります。もう幸せの極致!旨さの極地!讃岐の境地!ここが讃岐平野であることを実感させてくれます。四谷三丁目ですけどw もちろん完食、おダシも完飲で、ご馳走様でした!

讃岐平野って新宿区にもあるんですね!w イヤー、こんなに美味しいさぬきうどんを提供するお店が四谷三丁目にあるなんて、ちょっと損した気分です。これから頑張って元を取らないとイケませんね!w 再訪は間違いありません! 何れにしましても、再び、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。