なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「すだちとおろしの冷やしうどん」@はま寿司 町田野津田店の写真7月20日木曜日、午後8時過ぎに訪問。
外食するつもりはなかったが、こちらへ。
今回は、カレー、ラーメン、うどんも戴いた。
で、それぞれに記載。
主要なことは、ラーメンの方に。

〆として、これを試してみたくなった。
うどんは、種類が多い。
きつねうどんなんぞは200円とある。

やや時間がかかって出てきた。
寿司屋なので、寿司を喰らっていたのだが、
はま寿司、なんか旨いと思う。
あのゼンショウがやっているのだが、
すき家で、おもしろそうな丼を出してくる。
そのアイデア、器用さが出ているのか。
しつこくなくて旨い、素材自体は値段が値段なので、
新鮮さなんて求めていない。
どう冷凍技術を、多少難がある素材でも、といったところ?

100円寿司って、ネタがしつこい感じがする。
はま寿司はそれを余り感じない気が。

で、このメニュー。
量は多いわけがない、お椀のレベルである。
うどんと、大根おろし、そしてすだちが半分。
すだちはもったいないので、なんとか全部搾り取ろうとか。
なんなら食べてしまおうかと。
大根おろしはそこそこの量。
うどんは、冷凍麺である。

この汁が、甘しょっぱくて、とても気に入った。
大根おろし、すだちこれで、さっぱり感を注入。
さっぱりしているのではなくて、柑橘系の味をつけているのである。
汁は、濃かった。
冷やしだし、夏にはぴったり。
もっと、麺を足して、一人前ワンコインくらいで、
出して欲しい。

で、汁が残ったが、もったいないので。
さらに、キスの天ぷらのお寿司を頼んだ。
もちろん100円。
この天ぷらを残り汁に突っ込んだ。

このうどん、天ぷらメニューの汁としても使える。
使えるどころか、汁として使うべき。
ただ、天ぷらのついたうどんにはしないで欲しい気がする。
やりたい人は、天ぷらを頼むと云うことで。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「茄子の忘れ煮うどん(冷)」@めん処晃庵の写真祇園祭に宿の近くのコチラ。
うどん屋さんというよりは居酒屋さんですね。
お刺身やおつまみが充実、お酒の種類もたくさんあって、リーズナブル。
〆に表題800円。

茄子に煮びたしがとてもウマイ!
出汁がしみ込んでいるし、お酒も進む。
麺は京都によくある麺肌滑らかな中細麺。
コシはあまりないです。
ねぎは長ネギかな?

ごちそうさま

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「冷しうどん(季節限定) 「280円」」@はま寿司 越谷枚方店の写真3ヶ月ぶりに此方に訪問し、サイドメニューの中から主題を頂きました。 
回転寿司と同じ様にタッチパネルで注文。 
そして、店員さんが運んで来る時を待って居ると今回は寿司と一緒にラインに乗せられて到着。 
以前はラーメンやうどん等は店員さんが席まで運んで来ましたが、提供方法を寿司と同じように変えた様ですね。 
うどんの器をラインから取りその器の中を見るとカボスが入っており、涼しげなマスクです。 
早速、カボスを絞ります。 
そして、軽く大根おろしを汁に混ぜ合わせて麺を食べてみると良く冷えた麺で、気持ち好い喉越しです。
コシも有り程よい歯応えで中々美味しいですね。 
又、大根おろしの仄かな苦みが冷えた麺に合い美味しく頂く事が出来ました。  
ご馳走様。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「カルビ煮込みうどん(並盛)980円」@きむち屋の写真●2017年7月17日(月)晴 12:46訪問 13:02着丼。

●2017年187杯目(7月17杯目)の麺研究です。

●車外に搭載されている温度計が38℃を表示していました。

●今日の昼は、群馬県前橋市元総社町にある『きむち屋』さんへ初訪問をしました。

●駐車場がお店の前に3台あり、満車のため店員に確認したところ、反対側に6台ある駐車場へ駐車して入店しました。

●お店に入り、左側にあるテーブル席へ案内されました。

●訪問時に先客が5人いて、その後、お弁当のテイクアウトも含めて5人が来店しました。

●昼から生ビールを飲んでいる客がいたので羨ましかったです。

●今回は、夏季限定の「冷麺」も食べてみたかったのですがキムチ屋さんの熱くて辛い【カルビ煮込みうどん(並盛)1,058円】を注文しました。

●注文時に店員から写真撮影の許可を頂きました。

●16分後に発注した「カルビ煮込みうどん」が着丼ました。

●カルビ煮込みうどんには、カルビ煮込みうどん、野菜サラダ、もやし、キムチが付いていました。

●先ずは、スープと麺の味見儀式をしてから、残りの麺を食べました。

●スープは、あっさりして熱いピリ辛醤油スープでした。

●麺は、柔らかい極太角麺でした。

●カルビ、半熟玉子、ニンジン、白菜、ニラ等が入っていて思っていたよりも辛くなくて美味しかったです。

●健康に注意してスープを少し残しました。ご馳走様でした。

【麺研究結果】

①スープの味:醤油

②麺の太さ:極太角麺

③ボリューム:適量

④スープの味濃度:薄い

⑤こってり度:あっさり

⑥自己満足度:(4.0)★★★★

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やし坦々うどんセット896円」@月の遊膳 高崎店の写真●2017年7月13日(木)晴 12:06訪問 12:18着繕。

●2017年180杯目(7月10杯目)の麺研究です。

●今日の昼は、群馬県高崎市東町(高崎駅東口)にある『月の遊膳 高崎店』さんへ訪問をしました。

●お店に入り、左側手前にあるカウンター席へ案内されました。

●訪問時に先客が多数いて、その後、12人が来店しました。

●今回は、季節限定メニューの【冷やし坦々うどんセット896円】を注文しました。

●14分後に発注した「冷やし坦々うどんセット」が着繕しました。

●冷やし坦々うどんセットは、冷やし坦々うどん、ご飯、野菜サラダ、佃煮、小鉢がセットです。

●サービスでアイスコーヒーを頂きました。

●冷やし坦々うどんには、挽き肉、水菜、白髪ネギがトッピングされていました。

●先ずは、スープと麺の味見儀式をしてから、残りの麺とご飯を食べました。

●スープは、こってり気味で濃いめの酸味がきいた醤油スープでした。

●麺は、もちもちして食感の良い極太角麺で美味しかったです。

●健康に注意してスープを少し残しました。お腹が一杯になりました。ご馳走様でした。

【麺研究結果】

①スープの味:醤油

②麺の太さ:極太角麺

③ボリューム:適量

④スープの味濃度:濃いめ

⑤こってり度:こってり気味

⑥自己満足度:(4.5)★★★★☆

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「牛カレーうどん大盛り(辛口)」@こんぴら茶屋の写真暑いので、ツルっと冷たいうどんでも。
などと思いながら訪問させてもらいましたが、周りを見ると8割くらいのお客さんがカレーうどんだったので流されてみちゃいました。
濃厚でトロミの強い汁、見た目ほどは濃さを感じず香りも控え目な印象。
麺も美味しいのですが、私的には腰が足りずに少々残念でしたね。
しかし全体的にはバランスの良い美味しいカレーうどんだと思います。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「平日限定かけうどん130円+税」@スシロー 松戸八ケ崎店の写真スシローのイベントで”まぐろ三貫盛”が180円+税で発売されるとのCMを見て、早速食べに行ってきました。平日11時半頃の来店で店内は7割程度の入りでしたが、12時頃帰る時にはほぼ満席になっていました。一人で来店するとカウンター席に通されます。カウンター席、どうやら2人分で1席になっているようです。

まぐろ三貫盛を食べ、その他の寿司ネタを5皿程度食べて、最後にかけうどんを注文しました。平日限定で130円+税。100円+税でかぼちゃ天もあるので230円+税で「かぼちゃ天うどん」に出来ます。

 注文から4分程度でレーンより登場!

 おつゆ:かけうどんのおつゆ、薄いです。なので卓上の”甘タレ”をかけてみる事にしました。すると甘味のある味が少しだけ加わって、いわゆる関東風のおつゆに似てきました。またレーンには七味やわさび、コショウなどが流れているので、お好みで辛味増しは出来そうです。今回はコショウ&七味を投入したらスパイシー&辛味のある刺激的な逸品に変化してました。

 麺:やや硬めの麺で、うどんとしたら平均的な太さ。食感や風味などはあまり好みの味ではないです。麺量は少なめで、スーパーなんかで売っているうどんの1玉よりも少ないと思われます。100gから茹でて、150gくらいにして出している感じです。

 具:ネギ、揚げ玉、かまぼこ2枚など。あっさりとした仕上がりになっていました。具材は値段の割には悪くないと思います。

 量が少なく、味も好みの味ではないですが、130円+税のお値段は魅力があります。甘タレの味変はもう少しどばっと入れても良かったかもしれないと思いました。またかぼちゃ天を入れて油感を増してもいいかも・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「肉汁うどん 中盛」@肉汁うどんの南哲の写真平日ランチタイムに訪問。
外待ち三組目。
順番待ちのシステムが相変わらず分かりにくい。

うどんは、いつも通り美味しく頂きました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「ごぼう天うどん 390円」@星のうどんの写真土曜の12時過ぎに到着。かつてあった屋台跡地が現在どうなったか確認した後、駅方向に裏道的な通りを歩いていると、行列の中華料理店やディープ感のあるお店が多い中、相鉄線五番街改札口の手前に人の出入りの多いこちらを発見。壁には「うどんはさぬき...汁は薄口博多風」と書いてあるPOPに興味を持ち、掲題のメニューボタンをプッシュして来店。丁度空いたタイミングで入店したが、改札内側はかなり混んでいるのが見えた。

すぐに出てきた一杯は、透明感のあるスープにブヨブヨ感のない太い麺で、確かにビジュアルはPOPの通り「うどんは讃岐、汁は博多」だと思った。飲んでみると出汁感がしっかりおり、そこに白醤油の味わいがはっきり出ていて美味しい!出汁は鰹や昆布にイリコを使っているのがはっきりわかる味わいで、塩分は強めだが立ち食い系でこの味わいはすごいと思った。完全なる博多うどんの汁ではないのではと思ったが、美味しいので最初から何度も飲んでしまった。麺を食べてみると、変に硬すぎず軟らかすぎずのコシで、スープに馴染んで美味しい。さぬきならもっと強いコシでもいいいかなとも思ったが、この価格を考えると納得ができた。量的にも丁度良いボリュームである。具材はごぼう天と輪切り青ねぎ。青ねぎは風味が残っている仕様で、つゆと併せてうどんの良いお供。ごぼう天はそのまま食べると硬めで、いかにも立ち食い系の天ぷらであるが、つゆに浸して食べると衣が柔らかくなり、ごぼうの味わいもしっかりとあって美味しい!衣も美味しく、素材の味が生きていると思った。最後に摺りごまと生姜を投入したが、この汁には両方共僅かでいいと思って完食した。

立ち食い系でもうどんを食べたことはあまり無く、今まで好印象が無かったからというのが正直なところであるが、出汁の効いた汁に絶妙なコシのうどん、そして味風味がしっかりしていたごぼう天が、味に一体感を出してシンプルに美味しいと思った。このクオリティは素晴らしい。POPの通りの“~風”が却ってオリジナリティを出しているうどんであった。次回はすうどんに何かトッピングして食べようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「わかめたぬき(¥400)」@レストラン ローザの写真赤坂御用地至近!

本日は赤坂御用地の向かい側、港区役所赤坂地区総合支所にある「レストラン ローザ」へ伺い「わかめたぬき」を頂いて参りました。お店の入口で食券を購入。食券提示時に「そばで!」と言ったつもりだったのですが「うどんで!」と言っていたみたいですね。本日の東京地方、日中は30℃超えだったのでボーッとしていたので覚えてないですが... さて「わかめたぬき」。揚げ玉については特筆することはありませんが、ワカメは肉厚コリコリイイ塩梅の歯応えです。うどんは冷凍麺ですからある種間違い無しのコシ。おダシについても比較的薄味で良い塩梅ですね。まぁ、公共機関のレストランでガツンと濃ゆいおダシ、不健康なものは提供できないですよね。暑い暑いと言いながらも七味まで振って完食完飲。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件