なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「激辛冷やし担々うどん(並)」@なか卯 せんげん台店の写真季節限定メニュー。冷やし担々うどんに別添えで辛味ダレを付けた激辛冷やし坦々です。辛味ダレをかけないとタダの冷やし坦々なので辛味ダレをかけて好みの辛さに調整できます。画像は辛味ダレ投入済みで赤味が強くなっています。よくかき混ぜてから食べると全体的にバランスよい味で食べられます。
価格590円(653kcal)
小うどん340円(349kcal)

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 22件

「かけ小130円・さつまいも天110円(天ぷら定期券で無料)」@はなまるうどん モラージュ柏店の写真平日金曜日の14時頃に遅いお昼として利用しました。130円でかけうどん小を、そしてさつまいも天110円は天ぷら定期券で無料にしています。天ぷら定期券はこれで3回使ったので、とりあえず元は取りました。

 この時間帯はお客さんが少ないからか、選べる天ぷらの数が少なくなっていました。有ったのが「野菜かき揚げ、海老天、イカ天、さつまいも天、とり天、鶏唐揚げ、ちくわ磯辺揚げ」など。残念な事に「イカゲソ天」は品不足で提供中止。コロッケは揚げていなかったのかありませんでした。

 並び始めてから2分で実食!

 おつゆ:今回は何故かおつゆがカツオ出汁強めになっていました。普段は薄味で”はなまる醤油”をかけて食べるのですが、必要ありませんでした。これは美味いです。全店でおつゆの味が変わったのか、または今回だけ上ブレしたのかは分かりませんが、この味がずっと続くならアリです。ちなみに七味・揚げ玉・生姜は入れています。

 麺:シコモチシコなはなまるうどんの麺。太めでプリッとした麺です。今回はいつもよりもやや細く感じました。1玉だと麺量が少ないのですが、減量中で胃が小さくなっているのか、このサイズでもお腹一杯になりました。欲張って”中”なんかにしなくて良かったです。

 具:店員さんがネギを、セルフで揚げ玉、おろしショウガ、白ゴマ、七味などをかけられます。今回も揚げ玉多め、生姜少々、白ゴマ少々、七味やや多めでかけてます。揚げ玉は備え付けの木のお玉で掬うと、ひと掬いでもかなりの量が入ってしまうので、この点注意が必要かと思います。今回ちょっと入れすぎました。。。

 さつまいも天ですが、厚み7ミリ程度、縦8センチ、横5センチくらいのサイズで、食べ応えはしっかりとあります。揚げ置きしてあってやや冷たくなりつつありましたが、甘味やホクホク感は失われていませんでした。いつもはソースなどをかけるのですが、今回は何もかけずに一口食べて、後はおつゆに浸して「コロッケそば」のように汁が染み込むのを待ってから食べてみました。さつまいも天はコロッケと比べて汁が染み込み難いのですが、それでもやや染みでややフヤな食感になり、これはこれで楽しめました。

 前回と比べて、出汁の味が格段に濃くなっていました。この時だけそうだったのか、または全店的にカツオ出汁の分量を増やしたのか、その辺りは謎ですが、今回の味はかなり好みの味に仕上がっていました。出来ればこの味で定着して欲しい所です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「椎茸天ぶっかけ+越乃景虎+菊水」@UDON STAND 五頭(GOZU)の写真4年ぶりにレビューアップ!

 うちの嫁が、ちょっと知り合いとのお付き合いの都合上、急遽飲み会へー。晩飯が準備できないと
SOS。そんな緊急LINEメッセージを、帰宅途中の中央線車内で受けましたから・・・あらら。仕方なく予定外の外食済ませねばとなりましたが、息子も同じような状況です。ならばとお互いLINE飛ばして、その時一番都合が良さそうな中央線三鷹駅で、晩飯食おうと待ち合わせました。
 
 「何食いたい?焼肉と寿司以外で!!」
 
 ・・・と息子に尋ねると、「うどん!」とのこと。こやつ・・・親に似たのか似てないのか、無類の麺好きでして、しかもジャンルは「うどん」です。しかも「ざるうどん」か「ぶっかけ」の旨さを追求したいらしく、温麺では納得がいかないそうです。ラーメンだったら「麺屋 さくら井」に導いてやるところだが・・・・。と言うことで、息子にも他の面々にも、自信を持ってオススメする店が、こちら「UDON STAND 五頭」さんですよ。武蔵野エリアでは「武蔵野うどん」が主流ですが、こちらはどちらかと言うと「讃岐系」。うどん屋で、質を謳うなら自家製麺は当たり前ですが、その質がいいのです。
 
 うちの息子は、シンプルに「ぶっかけ」。素の味わいだけを楽しみたいらしい(おそるべし拘り感)。そして私は、それに倣いますが、お酒も欲しいのでトッピングに椎茸天をチョイス。つまり「椎茸天ぶっかけ」です。
 
 こちらは、オーダーを聞いてから生麺を茹であげにかかります。本格的なゆえに、10分15分はかかるのは当たり前。その間どうするかと言うと、未成年の息子はジンジャエールで、私は冷酒をやりながら待ちます。結局、その間で越乃景虎と菊水のグラスを空けてしまいましたが、隣の息子は絶句しておりました(いずれお前もそうなるかもよ)。そしてようやく対麺したのが、こんな感じ!
 
 
 おおおお!まさしく「ぶっかけ」。大根おろしと、岩のりもさることながら、大根おろしに摩り下ろし生姜と言うのが粋です。早速それをぶっかけの冷えた出汁に沈めて溶かす。すると出汁は大根おろしの繊維質により少しボリュームアップして、さらに和風ジュレのような面持ちに、カクヘンします。これまた出汁が美味いし、適度に冷えてる。カツオをはじめとする節の旨味がここでは秀逸に決まる。うどんは、基本的に魚介系の旨味で構成されているので、魚介系のピント合わせが勝負ですね。節系の凛々しい旨味にキレがありますが、スキッと甘い感じはイリコの風合いかと思いました。
 
 
 うどん自体は、申し分なく最高!。柔らかいようで引き締まりが強く、そしてどこもかしこもきめ細かいです!。弾力は肉感的でポヨン!とはずむと思えば、中は隙間あるクッシリ感覚。表層は濡れるだけで麺の中には侵入しないけど、奥歯でプレスした時の出汁の浸透感はすごい・・・・。
 
 岩のりとも相性が良くて貼りつくし、風味がとても合う。所々、溶けた大根おろしが万能ネギを巻き込み、麺と絡む。この瞬間もなかなか「冷やし系うどん」の醍醐味です。
 
 
 そしてメイントッピングの「椎茸天」です。肉厚な生の椎茸が天ぷらとして、中の水分を吸い取られつつも、菌類食物独特の滋味深い旨味を、全体に放出しています。それに肉感があっても、繊維方向い剃って柔らかさで、カリカリ衣とふわふわ繊維質のコントラストが素晴らしい!そして当然に旨し!。いつも出汁の役割とか、影に回っている素材だけに、表舞台の活躍はいいね!
 
 
 ともあれそんな感じで、久しぶりの父子鷹水入らずの麺類実食となりました。とても充実した気分で、この後家に帰りました。麺類好きとしての満足感と、久しぶりに父子で食った美味いものと言うことで・・・・。また来ます。今度は家族で。今日は本当にごちそうさまでした!。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「牛とろ玉うどん(大)」@丸亀製麺 ララガーデン春日部店の写真季節限定メニュー。うどんの上にすき焼きのかえしを浸み込ませて焼いた牛肉ととろろ・温泉卵を載せたうどんです。味は想像通りなので安定の美味しさです。うどんは温と冷やしの選択式。
価格790円
並盛690円
得盛890円

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「きしめんと蕎麦のあいもり800円」@三河島うどん・かみやの写真つゆは最初からネギと揚げ玉が入っていて、端にワサビがついている。
麺は蕎麦もきしめんも美味しい。
きしめんのツルっとした感覚は特に良い。普通のうどんより100円増しである。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やし担々うどん(並)」@なか卯 せんげん台店の写真季節限定メニュー。練り胡麻とピーナッツをベースに唐辛子でピリリと辛味を効かせたタレにもっちりうどんを入れ、辛味のあるそぼろ肉と青ネギを麺上に載せた冷やし担々です。辛味はありますが、ピーナッツの甘味があるのでそれほど辛くはありません。丁度いい辛味で美味しいです。
価格490円(605kcal)
小うどん290円(303kcal)

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 22件

「天せいろうどん(海老と野菜)」@仲徳の写真いったい…いつ営業しているのだろうか?
某最大グルメサイトでは、閉店となっていましたが、今日のお昼頃、白い暖簾とメニューボードが出ていたので、入っみることにしました。

店はおかあさん一人で切り盛り。
現在、蕎麦の提供は無いようで、うどんとご飯物だけになってます。
けれどメニューはそこそこ豊富でした。

っうことで、表題(1100円)を発注です。
少し待たされ提供。

おつゆは、角が立った醤油にほんのりお出汁。
ツルツルもちもち、コシがしっかりしたうどん。
冷水でビシッと〆められて旨いです。

天ぷらは…
海老・ネギ・かぶ・牛蒡・不明な野菜・舞茸・竹の子・サツマイモ・カボチャ・人参。
揚げ油はいまいちだったけど、豊富な野菜が嬉しいね!


営業時間や休みは、聞き忘れてしまいましたが、概ね平日の昼間はやっているようです。
蕎麦…復活して欲しいナ…

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

立ち食いうどんだが、きしめんは本格的、出汁もいいし、基本がアゲのきつね。削り節が乗ってるのも、本物仕様

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「うどん+わかめ増し」@こむぎやの写真吉田うどん。キンピラごぼうにキャベツが沢山入ってる、その上にわかめ増しして、うどんが見えないくらい。うどんは太い吉田うどん。場所柄むさしのうどんの中心地でありながらのコシはむさしのうどん以上かもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「天ぷらうどん【420円】」@名代 後楽そば 五反田店の写真日曜日出勤で、初うどん。

前回訪問時は天ぷらそばを頂いたので、この日は未食のうどんをオーダー。
小鍋に薄い色の出汁が入り、IHコンロで温められうどん・天ぷら・ワカメが入り配膳となりました。
明らかにそばとは違う色の出汁。先ずはそのまま出汁を一口。
そばの時にも昆布を感じましたが、それよりも昆布が強めに香る関西風出汁。うん、美味しいな~。
その後に入れ放題のねぎをタップリと入れて、当然七味唐辛子もプリタツに入れて、頂くことに。
うどんはとっても細く、普通のうどんの半分ほどの細さで、全くコシはなくヤワヤワ。
好きな人は良いですが、軟らかくて細いのが苦手な人は、二度と食べないんじゃないかとww。
天ぷらは揚げ置きの通常運行。ニンジン・長ねぎ・玉ねぎ。
さくっと食べて、ご馳走様でした。

ちなみに、焼きそばを食べてグレっちゃおうかと思いましたが、鉄板はまだ準備中で提供がありませんでした。ww

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件