なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 77.038点
最終レビュー日 2019年10月3日
476 409 0 350
レビュー 店舗 スキ いいね

「【期間限定】カレーうどんカツ丼(¥637)」@かつや 蒲田西口店の写真注:残飯ではありません。 inspired by 立秋さん

立秋さんのレビューに触発されて、コチラ「かつや 蒲田西口店」へ伺い、令和第1弾スーパーハングリーセールの期間限定メニューとして提供されている「カレーうどんカツ丼」を頂いて参りました。

場所はJR蒲田駅西口。駅前ロータリーの横断歩道を渡った正面にお店はあります。入口入ると右手にテーブル席、左手に厨房、真ん中にカウンターと言う配置。お一人様なのでカウンター席に案内されます。

湯飲みでお茶が提供されたので、てっきり温かいお茶かと思ったら、冷たいお茶でした。メニューを見ることなく表題メニューをオーダーしました。最初からコレ狙いでしたのでw お店は女性店員さん5人のオペレーション。ランチタイムは戦争ですね。

どこでどうやってトンカツを揚げているか分かりませんが、厨房から無尽蔵にトンカツが調理されて出てきます。そして渦高く積まれていたカツ丼調理用の平鍋もどんどん減って行くさまが。カツ丼も尽きることなく調理され、お客さんに配膳されます。それを支えるライス自動盛り付け器のシャリ弁ロボもきっちり正確にご飯をどんぶりに投入して行きます。ハイパフォーマンスですねぇ~

そんな中で、典型駅な調理とはちょっとズレる、このメニューは、きっと店員さん泣かせなんじゃないでしょうか。配膳されたその1杯を見て、その異端児感(≒残飯感?)がハンパないですから(汗)

写真の状況から説明しますと、どんぶり手前にキーマカレーの様なカレー味の付けられたひき肉が絡められたうどんが半玉くらい。その上には青ネギがタップリと盛られております。この青ネギにより多少料理っぽい雰囲気となっておりますが、これが無かったら...(以下、想像通りです)

その奥には普通にチキンカツが盛られ、その下にはライスが盛られております。故に普通にチキンカツ丼に、間違えてキーマカレーうどん盛り付けちゃいましたと言う感じです。先にキーマカレーうどんを食べてしまうと、残りのチキンカツ丼が寂しくなると言う立秋さんの情報より、先ずはチキンカツとライスでチキンカツ丼として堪能して参ります。

チキンカツは特にソース等は付けられていないので、お好みでカウンターに置かれているソースや和辛子で頂くのがイイかもしれません。自分は、チキンカツに少しキーマカレーの味わいが付いているので、そのキーマカレーのフレーバーで頂きました。粗目のパン粉でサクサクの歯触りがイイ塩梅です。よくよく考えてみたら、人生初かつやかも知れません。先ずはチキンカツ丼を平らげていきます、

チキンカツ丼が半分くらいになったところで、キーマカレーうどんに手を付けてみます。キーマカレーの味わいは弱めの辛さに、インドな香辛料の香りも感じます。何て言う香辛料か分かりませんが、お母さんのカレーではしない香りです。うどんはヤワラカメで弱腰です。このキーマカレーうどんをおかずにご飯を食べるのか?イヤイヤ...(汗)

途中からは、チキンカツ丼とカレーうどんを交互に頂きます。炭水化物&炭水化物。これチキンカツで良かったかも。とんかつだったら間違いなく胸焼けしそうです。それでも思いのほか軽めに完食。ご馳走様でした。

清算の際、スーパーハングリーセールのサービス券として¥100引き券を頂きました。こりゃ次回は「かれーうどんカツ定食」かぁ~ イヤイヤ、普通にカツ丼食べに来ます(汗)実は今になって(食後3時間ほど経過)、ちょっと胸焼け感は否めません...(瀧汗)再び、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーうどん(¥750)」@手打ちうどん いわしやの写真カレーうどんリリース!

コチラ「手打ちうどん いわしや」で、オープン当初は提供されていなかった「カレーうどん」がリリースされていたので再訪して参りました。

カレーうどんは13時以降の提供なので、ちょっと遅めのランチタイムで訪問。既にピークは過ぎておりますが、4割ほどのお客さんの入り状況。その後も、その4割がズーっと続く感じで、ボチボチお客さんがいらっしゃいます。

カレーうどんは、おダシを個別に鍋で温めて提供です。うどんの茹で時間が10分くらいありますから、おダシの製作もゆっくりと時間掛けられております。丁寧な感じでイイですね。番号で呼ばれてカウンターに取りに行きます。もちろん青ネギも3トング分トッピングします。

さて「カレーうどん」。セルフトッピングの青ネギとは別にデフォで豆苗かな?それと刻み油揚げが少々トッピングされております。レンゲを取らなかったので、まずはうどんを頂きます。中太ストレートのエッヂの立ったうどんは、しっかりとしたコシでいい塩梅です。今日のうどんは熟成が少し足りないのか?ちょっと硬めの歯応えとなっております。シャリシャリの青ネギ、豆苗がイイ感じです。もちろんきざみもイイ感じですが、カレーには勝てないですよね。

うどんはしっかりカレーを纏います。紙エプロンが提供されたので、しっかりと着けましたが、達人なのでカレーを飛ばすことはありません。結構ズバっと思いっきりススっておりますが、紙エプロンは一滴たりとも汚しませんでした。カレーは辛味少なく万人受けする味わい。まぁ、スパイシーが欲しければカウンターに一味唐辛子が置かれているので、それを振ればイイですね。

うどんとトッピング具材がが無くなったところで、おダシを一気飲み。やはりカレーが濃ゆいので、ベースのおダシの味わいは分からないですね。たまにはカレーもイイですが、次回はきっちりおダシを味わうメニューを頂きたいと思います。と言うことで完食完飲。ご馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「【季節限定】カレー南蛮(¥480)」@小諸そば 新橋店の写真非後掛け系

本日はコチラ「小諸そば 新橋店」へ伺い、冬季限定の「カレー南蛮」を頂いて参りました。場所は新橋オヤジの娯楽の殿堂「ニュー新橋ビル」。新橋オヤジの食欲、睡眠欲、性欲をオールインワンで満たしてくれる天国のようなビルです。

平成から新元号に変わろうという年でも、その趣に全く変化はありません。イヤ、変わん無くってイイんです。これぞ、「ザ・ニュー新橋ビル」なのですから。

お店に入ると券売機は右手に1台だけ。スタンディングカウンターとカウンター11席と非常にコンパクト。しかしながら店員さんは3人と中々手厚い状況。ここに新橋オヤジの回転の良さが分かりますよね。ズバッとススッて、サクッと寝て、スカッと抜く。正に三拍子揃っている訳です。

さて「カレー南蛮」。食券を提示し「うどんで!」とコールすると、明らかに面倒がっているのが分かりました。しかも置いた食券を順番通りに置けとローカルルールを強要しますが、どっちが先頭か分からないのに、そんな事言われても困ります。まぁ、大将が自分で移動してくれましたが。

オペレーションを見ていると、茹で時間短くない?って思いましたが、明らかにその通りでした。そして、コチラのカレー南蛮は、おダシにカレーを後掛けするタイプではなく。カレー用のおダシが用意されているんですね。これは中々期待が持てます。

さて「カレー南蛮」。写真を見てもうどんの茹で加減が浅いのが分かります。やはり小諸そばのうどんは柔らかめコールが必要ですね。先ずはおダシを頂くと、カツオのおダシでカレーを伸ばした感じで、これはこれで旨いですね。後掛けも悪くないですが、このタイプのおダシの方が断然いい塩梅ですよね。南蛮たる所以のネギは、出来ればこんな千切り(白髪ねぎ)状態じゃなく、筒切りか縦割りがイイですよね。ちょっと残念。故にカウンターに置かれた小口切りのネギを大量投入します。

ネギをたっぷり入れ、七味と柚子七味の両方を振ってスパイシーに頂けば言うことなしの旨さ。カレーのおダシにはグズグズに煮崩れた豚肉も入っており、それがちょっと嬉しいフレーバーを追加します。完食完飲。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーうどん(¥430)」@キッチンオリジン 雑色店の写真デリカ専門イートイン

コチラ「キッチンオリジン 雑色店」はカレー、うどんの提供はありますが、ラーメン、そばの提供はありません。カウンターでオーダーしてセルフレジで精算。イートインのカウンターで待っていると、店員さんのオバちゃんがご丁寧に配膳してくれました。これぞサービス業です。スバラシス。オバちゃんキラー健在ですw さて「カレーうどん」。先ずはおダシを頂くと、カエシの酸味感じるカレーは、まぁ、セントラルキッチンメイドであることは間違いありませんが、タップリの青ネギが甘くて旨いです。オバちゃんキラー健在ですw フニャフニャの薄い豚バラ肉がチープながらもイイ味わいです。うどんは冷凍だと思われますが、それなりにコシもあり悪くないですね。おにぎりも買えば良かった。完食。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「よもだカレーうどん(¥500)」@よもだそば 銀座店の写真うどんあり〼

本日はコチラ「よもだそば 銀座店」へ伺い「よもだカレーうどん」を頂いて参りました。券売機を見るとこのメニュー以外うどんの文字は探せませんでしたが、もしかしたら他のメニューも「うどんで!」とオーダーすれば出てくるかも知れません。本当のところは分かりませんので次回の宿題です。それにしましてもコチラのお店は若い女性のお一人様も来る立喰そば屋らしからぬ集客力。近所のOLはもちろん、買い物に来た女性のお客さんもいらっしゃいます。さて「よもだカレーうどん」。おそばの本格おダシに本格インドカレーがイイですね。酸味と辛味が際立っており、立喰そば屋らしからぬクオリティです。うどんは平打太麺。ツルッとした喉越しがイイですね。ボリュームたっぷり。もちろん完食完飲。ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーうどん(¥680)」@ミルクホールの写真セレブな場所のチープなカレー

泣く子も黙る千代田区紀尾井町にあるニューオータニガーデンコートと言うセレブなエリアにあるチープなカフェテリア「ミルクホール」へ伺い「カレーうどん」を頂いて参りました。お店はニューオータニガーデンコートのエスカレータを上がって4F。知る人ぞ知るカフェテリア。他のお店はランチタイムでも¥2,000は下らないハイソなお店ばかりですが、ココだけポッカリと庶民の雰囲気を醸し出しております。入口券売機で食券を購入してカウンターに提示しセルフで配膳。自分でチープな赤い福神漬をトッピングして記念撮影。うどんは冷凍麺をスチームしたもの。カレーは後掛け。酸味感じるカレーは悪くありませんが、茹玉子のみのトッピングは寂しいですね。ネギは新鮮でシャリシャリ食感。完食完飲。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「豚カツカレーうどん(¥570)」@たもん庵 赤坂店の写真豚カツカレーはじめました。

コチラ「たもん庵 赤坂店」の前を通るとカレー推しの看板が掲げられておりまして、うどんもライスも選べるのですが豚カツカレーライスじゃありきたりなので、「豚カツカレーうどん」を頂いて参りました。コチラのお店はセルフうどん店。故に最初にトレーを持ってうどんをオーダーして、小皿に天ぷらを盛って最後に精算するスタイルです。豚カツが別皿提供されたら興ざめだなぁ~と思っていたら、しっかりうどんに載せられて、カレーが掛かっての配膳。スバラシス。うどんはビーフカレーな味わいで牛肉もタップリ入っております。適度な粘度ですが普通のカレーライスと比較するとちょいサラサラ。豚カツは揚げ置きながらサクサク食感がイイ感じ。太いうどんがコシがあってイイですね。完食完飲。ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件

「【季節限定】とろーり至福のカレー(¥480)」@いろり庵きらく グランデュオ蒲田店の写真冠に偽りあり...

ふと「いろり庵きらく グランデュオ蒲田店」の前を通ると、季節限定提供の「とろーり至福のカレーそば/うどん」がナカナカ美味しそうな雰囲気。これは頂いておきましょうって事で伺って参りました。日本レストランエンタプライズのお店ですが駅構内ではありません。蒲田の駅ビルグランデュオ蒲田の1階、蒲田駅東口改札外にあります。外の券売機でSuicaでピッ!と精算して店内へ。食券を提示しつつ、「うどんで!」と告げます。さて「とろーり至福のカレー」見るからにとろーり感ないんですけど。先ずはおダシを頂くと、シャバシャバのカレーはやはり至福感は見当たりません... 具材は、豚肉、ニンジン、玉ねぎと言った面々。煮込まれた感ももちろんありません。更にはうどんは冷凍じゃないんですね。半生麺ちっくで、結構硬めな茹で加減故にカレーをまといません。完食完飲。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「【季節限定】カツカレーうどん(¥580)+コロッケ(クーポン」@ゆで太郎 竹芝店の写真パワーアップカレーうどん!

本日はコチラ「ゆで太郎 竹芝店」へ伺い、ゆで太郎システムグループ店舗の冬季限定メニュー「カツカレーうどん」を。更にはクーポンを利用して「コロッケ」を頂いて参りました。ちなみにうどんは限定メニューで、このカツカレーうどんと鍋焼きうどんしか提供されておりません。普通のかけやかき揚げではうどんは提供されておりませんので注意が必要です。ちなみにこのカレーうどんは毎年冬季限定メニューとして提供されるのですが、今年はカツをオンでパワーアップ!嬉しいですねぇ~。さて「カツカレーうどん」。コロッケは別皿提供だったのでトッピングして写真撮影。すっかり茶色い一皿ですwカツはハーフボリュームですが、肉厚で旨いです。カレーに絡めて頂けば言うことなしの旨さです。うどんは冷凍麺故にツルツルシコシコ。コロッケもカレーフレーバー。完食完飲。ご馳走様でした。


点数は、クーポン利用感謝ポイントとして!
パーフェクトゆで太リアンへの道はまだまだ遠い...
http://supleks.jp/community/view/3/thread/366

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「肉汁うどん(大盛)(¥780)」@武蔵野うどん めんこやの写真ゴクブトガチガチ!

個人的に未体験ゾーンの武蔵野うどんを頂きに「武蔵野うどん めんこや」へ。基本はつけうどんなのですがつけダレを醤油、カレーから選択可能なので、本日はカレーをセレクト。故に分類をカレーうどんとしてみました。さて「肉汁うどん」。カレーベースのつけダレに肉と長ネギのトッピング具材。先ずはうどんだけそのまま頂くと、ガチガチうどんはコシがあると言うよりは固いと言う感じ。さぬきうどんのしなやかなコシとは異なります。続いてつけダレをそのまま頂くと、マイルドな辛味のカレーは比較的やさしい味わいです。つけうどんなのでちょい濃い目のつけダレでイイ塩梅ですが、そもそもおダシ感は薄いですね。あまりつけダレには力が入っていない感じですかね。お肉は豚バラでプリタツ。ネギも食感イイですね。完食完飲。ご馳走様でした!悪くはないけど再訪するほどじゃないかなぁ(汗)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件