なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 77.038点
最終レビュー日 2019年10月3日
476 409 0 350
レビュー 店舗 スキ いいね

「八宝きしめん(¥900)」@きしめんの吉田 エスカ店の写真きしめんもあんかけ!

名古屋名物と言えば、きしめんとあんかけパスタ。 そのフュージョンとなるあんかけきしめんである「八宝きしめん」を提供する「きしめんの吉田 エスカ店」。 しかしながらその面構えはあんかけパスタではなく、中華飯でした...

各種野菜と牛肉を炒めたものをきしめんのおダシのあんかけで溶いたものをきしめんに掛けたもの。 しかしながら八宝と言う割にはチープな牛肉のみで寂しい限り。 あんかけですからしっかりきしめんに絡むのはいいですが、ずぼぼぼぼっと啜りにくいのが難点です。 味わいは悪くないのですが、コストパフォーマンスがよろしくありません。 ご馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「丸天うどん(¥490)」@木村屋 大須万松寺店の写真うどんもスガキコシステムズ

博多うどんのお店「木村屋 大須万松寺店」へ伺い、博多名物との肩書の「丸天うどん」を頂いて参りました。 博多うどんって聞きなれないなぁと説明を見てみると、讃岐うどんとは異なり、モチモチ柔らかな弾力のうどんとの事。 まぁ、大阪のフニャフニャ柔うどんも嫌いじゃないので全くノープロブレムです。 さて「丸天うどん」。 丸天はさつま揚げの様な揚げ物で、柔らかくて旨いです。 うどんは確かに柔らかモチモチのぽっちゃり色白美人と言う感じで吸い寄せられるような歯触り舌触り。 おだしもスッキリ、白醤油のいりこダシ、旨いですねぇ~ そしてもう1つの博多うどんの特徴、柚子胡椒でピリッと〆て、ご馳走様でした! 本場の博多うどん、頂いてみたいです。 そして恐るべしスガキコシステムズ...(汗)

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「きしめん(¥290)」@げんき庵の写真スタンダード立喰きしめん!

立喰価格できしめんを提供されている「げんき庵」。 価格は非常にリーズナブルですが、ちゃんと椅子に座って食事できます。 そういう意味では名古屋には立喰文化って無いんですかね? 駅構内のお店以外で、立喰のお店を見たことがありません。 東京なら立喰寿司、大阪なら立喰串カツとかありますが、名古屋には立喰味噌煮込みうどんも、立喰ひつまぶしもありません...w

さて「きしめん」。これぞ、ザ・名古屋のきしめんと言うスタンダードなものです。 かつお節、さば節のおダシと、ちょっと濃い目のカエシ。 そしてコシと言うよりムチッとした弾力のある麺は、まさに標準名古屋仕様。 この価格で、きつね、わかめ、花がつおがトッピングされているが素晴らしいですよね。 しっかり完食で、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カツ丼セット(¥800)」@有伝亭 匠の写真うどん、切りたて、茹でたて!

栄の路地裏にコチラ「有伝亭 匠」。 栄という場所にありながら、お昼のみ営業と言う健全なお店。 まぁ、逆に夜しか営業していない不健全?な営業時間のお店もありますから、その辺は釣り合いが取れているんだと思われますが... お店のメインはカレーうどんですが、本日はおダシを頂く目的で、「カツ丼セット」を「かけうどん」で頂いて参りました。

さて「かけうどん」。 超シンプルにネギとカマボコ1枚と言うトッピング。 先ずはおダシを頂くと、名古屋風の濃い目のカエシで昆布、かつお節なんかで、しっかりと旨いおダシです。 うどんは、コチラのお店、都度切って、茹でている様で、エッヂの立ったうどんが、とてもモチモチツルシコで旨いです。 麺量も多いのですが、弾力がある麺故に、咀嚼も多く、満腹中枢を刺激してくれます。

そして、とんかつ専門店でもないのに、カツ丼のとんかつも揚げたて!(天ぷらの場合も揚げたてです。) サクサクと言う歯触りだけで十二分に旨いです。 そういう意味では天丼の天ぷらも揚げたてなのはスバラシス! 

切りたて、茹でたて、そして揚げたての、まさに3たてなうどん屋さんです。 ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「肉うどん(¥460)」@さぬき安べえ 金山店の写真毎日讃岐饂飩直送!

金山駅のほど近くにあるコチラ「さぬき安べえ 金山店」。 何でも讃岐うどんを豪語するためにうどんは讃岐から毎日直送しているとか。 つまりは讃岐の水、気候風土、塩がなければ讃岐うどんは作れないと言うのがコチラのお店の回答です。 そしておダシは、無化調保存料一切不使用と言うこだわりのもの。 日本全国の煮干、かつお節、宗田節、昆布などを使っておダシを取られているとか... 随分とコストフルな感じですが、価格は立喰価格。 スバラシス!

お店はセルフサービス。 入口でお盆を取り、好みで天ぷらなどを取り、最後にうどんをオーダーし、お会計となるシステムです。 本場讃岐のセルフは、自分で、麺を茹でて、自分でおダシも入れますが、そこまでセルフではありません。 本日はシンプルに「肉うどん」を頂きました。

さて「肉うどん」。 セルフトッピングで、ネギ、天かす、花鰹に薬味を載せることが出来ますので、ネギと花鰹マシマシで頂きます。 先ずはおダシを頂くと、讃岐うどんですが、名古屋風のおダシはカエシは強め。 煮干も効いて酸味も効いているおダシが旨いです。 麺は流石の讃岐うどん。 コシもしっかりモチモチツルツル旨いです。 肉は甘めの牛肉。 ボリューム的にも申し分なし。 まぁ、これでこの価格イイんじゃないでしょうか。 ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「天ぷら(¥450)」@松月の写真中公設の、うっ!

中公設市場にあるコチラ「松月」。 「うみゃ~!」と書かれた看板に釣られて訪問です。 イエ、正確には「うみゃ~!」と書かれた看板のお品書きに釣られて訪問です。 お店は立喰ではなくカウンター。 市場の傍らにあるオープンキッチンなお店です。 買い物ついでに立ち寄る。 または市場の大将のお食事処と言う位置づけですかね。

さて「天ぷら」。 ちなみにコチラのお店は、うどん、きしめん、そばどれも同額で提供。 本日は「うどん」でお願いしました。 うどんはコシのない関西風のユルユルうどん。 名古屋でもこんなユルユルうどん食べられるんですねぇ~ 伊勢うどん以来ですw おダシは名古屋風で、きしめんにもそばにも対応した濃い目のもの。 天ぷらはもちろん揚げ置きで、その半分は衣ですw ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「並うどん(¥280)+モーニングサービス(¥0)」@きっちょううどん 名古屋栄ロフト前店の写真白鵬関御用達名古屋モーニング?!

本日はコチラ「きっちょううどん 名古屋栄ロフト前店」へ伺い、「並うどん」を、更には立喰うどん業界初と言うことの「モーニングサービス(¥0)を頂いて参りました。 ちなみにモーニングは11時までサービスで、おにぎりかTKGが無料で提供されるというスグレモノ! 喫茶店のモーニングも嬉しいですが、立喰うどんのモーニングもイイですねぇ~

さて「並うどん」。所謂「素うどん」なのですが、ネギと天かすはかけ放題です。 故にしっかりたぬきに化けた素うどんです。 いりこダシが旨いですよねぇ~ うどんは讃岐派ですが、この宮崎うどんのおダシも旨いです。 うどんはそれなりにコシもあり旨いです。 完食完飲、もちろんTKGも完食完飲で、ご馳走様でした!

コチラのお店には、店内で撮影した白鵬関の写真が飾られているんですが、名古屋場所の時にいらしたんですかね? これはご利益ありそうな感じです! 歴代ナンバーワン横綱ですからね! 熱田神宮行かずとも、こんなところでお会いできるは!w

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「豆腐とささみ入り味噌煮込うどん(¥1,458)」@山本屋本店 栄本町通店の写真茶一色!

本日はコチラ「山本屋本店 栄本町通店」へ伺い、「豆腐とささみ入り味噌煮込うどん」を頂いて参りました。 冬季限定「牡蠣入り」も気になったのですが、ランチ価格にしては、ちょっと予算オーバー故、このメニューになった次第です。

さて「豆腐とささみ入り味噌煮込うどん」。 分かったことは、味噌で煮込んじゃうと全部一緒(爆) 豆腐やささみというある種あっさりした蛋白な味わいの食材は、八丁味噌に掛かってしまえば手も足も出ません。 そういう意味では牡蠣でも舌触りだけで、味わい的にはまさに味噌も◯◯も...(自粛) イヤイヤ、しっかり八丁味噌の味わいと、うどんのコシを楽しみました! ご馳走様です。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「旨玉ぶっかけうどん(¥390)」@どんどん庵 桜通大津店の写真殺意感じるわさび量...

セルフうどんのお店コチラ「どんどん庵 桜通大津店」。 ランチタイムは自分で並盛、大盛をチョイスし、トッピング具材をとり、精算後におダシを自分で掛けるセルフ方針のお店ですが、ディナータイムは、受注生産方針に切り替わり、自分で配膳すると言うだけのセルフのうどん店になるようです。 まぁ、場所柄、あまりディナーの需要は無さそうですもんね。

さて「旨玉ぶっかけうどん」。 何ですか、このわさびの量は... 罰ゲームですか... まぁ、食べなければいいだけなのでドンブリの外に避けます。 ついていたしょうゆダレを掛け回し、かき混ぜます。 玉子は卵黄のみで、ちくわ天は揚げ置きの冷たいもの、寂しさは否めません。 しょうゆダレは、ほぼ醤油なので、ダシ皆無でこれまた寂しさ全開。 うどんもボチボチのコシで、まぁ、こんなもんかなと言う感じ。 セルフの割にはコストパフォーマンスが良くないのは、競争原理が働かないからですかね... ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「牛すじカレー煮込うどん(¥1,280)」@鯱市 錦通伏見店の写真山本屋本店...

小洒落たお店が出来ているなぁと覗いてみると、コチラ「鯱市 錦通伏見店」はカレー煮込うどんの専門店。 お店に入ると、いきなりオーダーで前払い制。 レジがiPadアプリと言うのが驚きですw オススメと書かれている「牛すじカレー煮込うどん」を頂きます。 ランチタイムはライス無料とのことですが、そそられつつも炭水化物過剰摂取のため我慢ですw

カウンターに座ると、厨房の麺箱には「山本屋本店」と書かれた麺箱が... 味噌煮込うどんで有名な山本屋本店さんの別業態と言う感じですかね。 別に味噌煮込うどん屋でカレー煮込うどん売ってもいいかと思われるのですが...

味わいについてはピリ辛のジャパニーズカレーな煮込うどん。 生麺から煮込んでますから麺はしっかりとしたコシで美味しいです。 ただ牛すじじゃなくても良かったかな?って言うか、カレー煮込うどんでこの価格を払うのはどうかな~と言う感じです。 ちなみ、その他の具材は、かまぼこ、油揚げ、ネギと至ってシンプル。 故にコストパフォーマンスの悪さを感じてしまう訳です。 まぁ、看板代だろうなぁ... そして、この値段なのに、セルフってどうよ?って思っちゃいます。 ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件