なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 77.038点
最終レビュー日 2019年10月3日
476 409 0 350
レビュー 店舗 スキ いいね

「きざみ(¥370)」@麺家 大阪みどう店の写真行ったつもりでおりました...

本日はコチラ「麺家 大阪みどう店」へ伺い「きざみ」を頂いて参りました。

場所は大阪駅構内(改札外)、大阪地下鉄御堂筋線との連絡階段の直ぐ近くにあるお店で、以前伺ったことがあると思っておりましたが、それは前店舗のおあがりやでした。まぁ、基本内容は同じジェイアール西日本フードサービスネットの運営なので変わりませんが...

さて「きざみ」。たっぷりきざみ油揚げがトッピングされております。先ずはおダシを頂くと、薄口醤油ベースのおダシはライトでイイ塩梅ですが、如何せん熱々です。おダシぐらぐら煮立たせているんじゃないですかね?と言う感じで、故におダシの香りは弱めです。

続いてきざみを頂くと、やけにポソポソの食感の油揚げは、お湯で油っ気を抜いた様な味わいで、イマイチ感は否めません。逆にタップリ過ぎて、罰ゲーム感すらあります。うどんは半生麺。茹で加減はあっさりなので、うどんはそれなりに歯応えがありますが、それは生茹でなだけです。逆に弾力はありません。ヤワラカメコールで、ちゃんと茹でてもらえば良かったかな?と言う感じです。

途中で、カウンターに置かれている七味唐辛子とスリゴマを投入。七味はイイ塩梅にスパイシーに効きますが、スリゴマは香りが飛んでいる感あり、あまり神通力ありませんでした。それでも、もちろん完食。おダシもほぼほぼ完飲で、ご馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「天ぷら(¥340)」@若菜そば 阪急茶屋町口店の写真さようなら、阪急そば(涙)

以前、阪急そば 茶屋町口店のあった場所に居抜きでオープンされた「若菜そば 阪急茶屋町口店」。ブランドリニューアルの看板掛け替え?と思ったら、なんと阪急そば事業譲渡で消滅してしまったと言うこと...

鉄道系立喰そばの消滅は、ローカル店の消滅って感じで何とも寂しい限りです。とは言え、きっと中身は変わらなんだろうと分かりながらも伺って参りました。

お店は全く変わりなしw 本当に入口の看板が変わっただけじゃないか?って感じです。券売機も以前のままっぽいですし、おばあちゃん店員さんも多分変わっていないと思います。まぁ、以前の阪急そば 茶屋町口店に伺ったのは丁度1年前なので、本当のところは分かりませんがw

さて「天ぷら」。天ぷらとは名ばかり、時間が経てば天ぷらはぐずぐずに崩れ、たぬきになります。一応天ぷらの具材は入っておりますが、干し海老が2尾。これがカリカリの歯応えとなっております。うかうかしていると、干し海老はおダシの中に落ちてしまうので、サルベージしないと頂けません。

おダシは、うどんとそばの両方に対応したものなので、ちょっと濃いめ。と言っても関東のおそばのダシから比べれば5倍希釈と言う感じでしょう。それは塩分だけの話で、おダシの風味の話ではありません。半生のうどんももちろんゆるゆる。もちろん完食完飲。ご馳走様でした!

十三駅の阪急そばが無くなっていたのは、そう言う事だったのかぁ~と... Adios!阪急そば(号泣)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「きざみ(¥330)」@都そば 福島店の写真大阪ソウルフード「きざみ」

本日はコチラ「都そば 福島店」へ伺い「きざみ」を頂いて参りました。

最近では、大阪資本のお店が関東にも進出して来ているため、東京でもきざみはメニューとして見かけますが、以前はきざみと言えば関西ローカルの醍醐味を楽しめるメニューの1つでした。そういう意味では、かすと同様な位置づけだったと思われます。かすも最近では東京でもよく見かけますが...

さて「きざみ」。薄口醤油のおダシはそばよりもうどんに合いますよね。嬉しくて初めにグビグビと頂いてしまいました。うどんは半生麺。近頃の立喰は冷凍麺使用も多いですが、コチラのお店は変わらず半生麺を使い続けているのがイイですね。まぁ、何れ冷凍麺に変更するとも思えませんがw

刻みはたっぷり!おばあちゃん女将の愛!七味でピリッとアクセントを付けて頂きます。ネギも関東のネギと違って葱臭が強すぎなくてイイですよね。もちろん完食完飲。ご馳走様でした!

カウンターにはおにぎりやいなりの他にばってらも並んでおりましたが、ばってらが立喰そばに並んでいるのは、関西ローカルですよね。東京では見たことない様な気がします。次回はばってらも頂く事、宿題になりました!w

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「スタミナ(¥280)」@なんばうどんの写真そばオーダーも...

パチンコの楽園なんば店は朝から沢山の人で行列が出来ております。最近東京のパチンコ屋では行列って見ないですが、流石ナニワって感じですね。平日の早朝から皆さんパワフルです。そんな熱き人々を尻目にコチラ「なんばうどん」へ伺い「スタミナ」を頂いて参りました。食券を提示し「そばで!」とコールしたのですが、程なくしてから大将が食券を回収しに来て、その際に「はい!なんば名物スタミナうどん~」と大将が気分良さげにコール。訂正するのも何なので、そのままうどんで頂いて参りましたw さて「スタミナ」。要はタヌ玉みたいなものです。桜えび3尾の天ぷらはほぼほぼ衣。流石コナモンタウン大阪!でもこれが案外旨いんです。関西風のおダシに柔らかめのうどんがナイス!完食完飲。ご馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「とり玉天ぶっかけ(¥630)」@釜たけうどん 新大阪店の写真お家騒動?!

新大阪駅でランチのお店を探していると、なんと「釜たけうどん 新大阪店」が出来ているじゃないですか!コレは行くしか無いですね!と言う事で、本日は「とり玉天ぶっかけ」を頂いてい参りました。コチラのお店は券売機でカウンターのみの狭小店。それでもきっちり茹でたて、揚げたて提供はスバラシス。さて「とり玉天ぶっかけ」。うどんはモチモチムニムニで旨いです。でももう少しコシがあってもイイかな?と言う感じ。ぶっかけでコレですから、かけはもっと柔らかいかも。鶏天は熱々で旨し!玉天も半熟加減がイイ塩梅です。変わらぬ釜たけ品質に満足満腹。完食完飲。ご馳走様でした!ところで千日前の釜たけうどん 難波本店は既に閉店して別のお店になっている様ですが、お家騒動?一体何があったんでしょうか?(汗)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「あげカレー(¥300)」@松屋の写真松屋の新作!?

なんばグランド花月のほど近くにあるコチラ「松屋」で油かすうどんでも頂こうかと伺ったのですが、なんと油かす高騰により¥350と高級メニューになっちゃっております。ついつい二の足を踏んでいたら券売機の一番下に見慣れないメニュー「あげカレー」を発見!ついついそのボタンを押してしまいました...w

お店に入るとちょっと早めのディナータイムなので、3割ほどのお客さんの入り。食券を提示すると「うどん・そば?」との確認が入りますので「うどんで!」とお願い。おダシを雪平鍋にとり、カレー粉を投入。カレーおダシは個別に作成の様です。いわゆる後がけタイプとは異なります。中々イイ塩梅じゃないですか!

登場した「あげカレー」。言うなればかれーうどんにきざみトッピングと言う感じです。ただきざみもカレーのおダシでちょっと煮ているところがポイントです。されにはスライス玉ねぎが入れられているところもポイントです。シャリッとした歯ざわりが心地よいです。

あっさり関西風のおダシにカレーはいい感じですよね。カエシの主張が強すぎないので、カレーが負けることはありません。さらにはおダシはしっかりとした味わいなので、和風カレーなフレーバーがイイ感じです。そして何より嬉しいのは柔らかいおうどん。これぞ大阪うどんと言う感じですよね!ご馳走様でした!

ちなみにこのメニュー、近所の松屋では提供されておりませんので注意が必要ですw

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「天ぷら(¥300)」@千成うどん 十三店の写真十三チープ!

十三駅前にある「千成うどん 十三店」。最初は大阪らしく昆布うどんを頂こうと食券を購入したのですが、厨房に置かれている大きなえびせんべいの様なチープな天ぷら(店内写真参照)に惹かれ、オーダー変更を大将にお願いして出てきたのこの1杯です。鍋蓋の様な巨大天ぷらがステキです!

揚げ置きのこの巨大天ぷらは、メッチャ硬いです。徐々にではありますがおダシを吸っていってくれるのですが、全然フニャってくれません。たまらず、そのまま頂くと、まるで揚げ過ぎたおあげを頂いている様な感じです。イエ、旨みたっぷりなのですが、如何せんチープです。基本、粉モンですからw

天ぷらの具材は桜えびが数本。こんなデカイのにそれだけと言うのが、大阪天ぷらのスタンダードです。東京のかき揚げなんか、ゴチャゴチャして食われへん!ってなるんでしょうねきっと!w うどんも大阪スタンダードに柔らかめ。天ぷらは硬いのに、うどんは柔らかめ。しかも、天ぷら以上にフニャって行くスピードが早いような気がします!w 最後にはフニャフニャとなりつつも、決して崩れない天ぷらを頂いて、完飲完食。ご馳走様でした!

正に大阪うどんの真骨頂な天ぷらうどんを、ここ大阪一古い十三で頂けました!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「かけ(¥210)」@楽喜うどんの写真パーフェクト大阪うどん!@十三

十三ションベン横丁にあるコチラ「楽喜うどん」。「楽喜」と書いて「ラッキー」とはなかなかベタなのは、まぁ場所柄許されることかと...w お店は大将とそのお母さん?らしい女将さんの2人体制。お二人とも寡黙な感じは、見ず知らずの標準語を話す客人が故かと思われます。まぁ、ションベン横丁には馴染んでいるつもりですが(爆)

さて「かけうどん」。これが完璧なまでに大阪うどん! ゆるゆるに柔らかいうどんは、箸で持ち上げると切れるほど。故にちょっと勢い良くススろうものなら、間違いなく後が着いて来ませんw この歯がなくても食べられる中太ストレートな弱腰のうどんは、「ザ・大阪うどん」と言う感じです。おダシもチープながら昆布も効いていてイイ感じです。完飲、完食でご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「かけ(小)(¥180)+ちくわ天(¥100)」@讃くの写真やっぱ大阪、うどん、まいう~!

久々上陸の大阪!伊丹空港からコチラ「讃く」に直行ですw 大阪で今一番食べたかったうどんです。 なんですかコレは?!まるで十割蕎麦の様な模様のうどんは、別にザリザリした食感はなく、つるっつるです。 しかも大阪うどんらしからぬしっかりとしたコシに思わずのけぞりそうになります。 ツルツルモチモチまいう~です。

おダシもあっさりさっぱりの関西風。ボキャブラリーの無い自分は美味いとしか言いようがありません。 それはもちろんちくわ天も同様。 カリカリっとした歯触りに、プニプニっとしたちくわが、もうこの上ありません。なんで東京では、こう言うの食べられないんだろう... ラーメン文化、蕎麦文化が邪魔しているんだろうか... うーむっ...

やっぱ大阪、うどん、さんくス!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鱧天冷やおろし麺(¥1,300)」@美々卯 新大阪店の写真ブルジョアな1杯に震える手...(汗)

新大阪駅構内にあるコチラ「美々卯 新大阪店」へ伺い、「鱧天冷やおろし麺」を頂いて参りました。

普段、うどんはワンコイン、イヤ、¥300台で頂いている自分からすると、この1杯は、+¥1,000の高級品! お陰で手が震えて、写真がピンぼけになってしまったことをお詫びします(汗)

さて「鱧天冷やおろし麺」。 うどんは中細平打ストレート。 トップに大根おろしが載っておりますので、そこのすだちを絞り、おダシを掛けて頂くのですが、先ずは麺だけ頂いてみます。 ツヤツヤでシコシコの麺は、流石高級店と言う感じ。 全くもってソツナイ感じです。

天ぷらの油の浮いたおダシで麺を頂きたくなかったので、麺のお更におダシを入れて頂きます。 程よいカエシの塩梅がイイ感じです。 濃過ぎないところが、もしかしたら関西フレーバーとなっているのかも知れませんが、如何せん、関東でも数回しか行ったことない美々卯ですので、そのフレーバーを比較することは出来ません(汗)

天ぷらは、ししとう、かぼちゃ、大葉、それに鱧が3つと大盤振る舞い! そう考えると¥1,300は強ち高くないかな?とも思えますが、もう1度食べることは無いかと思われますw ほくほくと柔らかい鱧天がイイ塩梅です。 ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件