なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ラーメンロックンオヤジ(再獄)

男性

ラーメン大好きおやじです。何でも旨く感じるバカ舌と文才の無さで上手な表現が出来ませんがご了承を。日本全国飛び回ります。

平均点 74.615点
最終レビュー日 2019年10月13日
91 56 0 102
レビュー 店舗 スキ いいね

「月見うどん¥320」@駅そばの写真京浜東北線が麻痺したこの日、時間が空いたので寄ってみた。

他のコンコース内のJRE系列とは一線を画す、出汁を強めに主張させたタイプ。醤油カエシの甘辛さは抑えられているが七味との相性は抜群だ。アツアツなのも好印象。うどん麺は一般的なものより細いもので啜る時の豪快さには若干欠けるが啜り易さがある。もちろん月見は最後に一飲み。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「かけうどん¥260」@つくば本店の写真駅前すぐの立地は行きやすい。またもやかけうどんを。

相変わらず出汁とカエシのバランスが良いツユ。七味が映える。この日のネギは辛味が強かったのが減点ポイント。安定の立喰品質のうどん麺はツルツル食感。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 11件

「かけうどん¥310」@彩むさし 武蔵浦和店の写真途中下車してコンコース内のコチラを訪問。ツユは出汁<醤油カエシの一般的なタイプだがアッツアツなのが好印象。うどん麺の品質も一般的なものだが、時間のないサラリーマンへの配慮だろうか、麺の長さが非常に短い設定となっているのがコチラの特徴であろう。当然ながら七味をコレでもかぁと言うほど振りかける。ネギの清涼感も相まって最後まで美味しく頂ける。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「かけ(中)¥290(+税)+ちくわ天¥110(+税)」@はなまるうどん イトーヨーカドー武蔵小金井店の写真休日のランチタイムチョイ前に訪問。イトーヨーカドーのフードコート内に構える店舗。ランチコアタイム直前だがフードコート内は賑やか。コチラは先にうどんメニュー注文、受け取り後に天ぷら、おむすびゾーンを通って会計のシステム。前客が会計に戸惑ったお陰か、うどん麺は本来のコシを失った状態。コレはチョイと残念。そしてツユ、コチラも本来のイリコ出汁が影を潜め、合わせた生姜が空回りしている印象。これもチョイと残念。

因みに天ぷらはアプリクーポンで¥30引きだ。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「かけうどん¥300」@名代 富士そば 北浦和店の写真富士そば連チャンアゲ。この暖簾らしい強めの醤油ダレと塩気。パンチあるツユには七味で対抗、しかも大量にだ。コチラのうどん麺は安定の富士そば品質。何とも言えない食感を楽しむ。デフォで載るワカメが良い仕事をする。強いツユを緩和してくれる。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 3件

「かけうどん¥300」@名代 富士そば 大宮東口店の写真強烈な甘みと塩気が押し寄せる濃口醤油ツユ。なかなかパンチあるね。うどん麺はニュルっとした柔麺。博多のうどんにも通ずるもので、こんなお店で出くわすとは思わなかった。もちろん卓上七味をタップリと振り掛け終焉を迎える。帰宅前の腹ごしらえにはトッピングなしのこのくらいがちょうど良い。

ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 4件

「かけうどん¥260」@つくば本店の写真相変わらず安定の品質。出汁とカエシのバランス良いツユ。柔らかくも硬くもないジャストに茹で上がったうどん麺。刻みネギの清涼感とタップリ投入した七味で全体を引き締めればあっという間に終焉を迎える。トッピングなど不要の逸品だ。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 11件

「ワンコインきしめん¥500」@名代きしめん 住よし JR名古屋駅⑦-⑧番ホーム店の写真JR名駅内の在来線、新幹線、至るとこにあるこの暖簾。今回は在来線7、8番線を攻めてみた。POPに「在来線限定」の表題を発見し券売機で発券。ツユは昆布出汁に独特な甘みのある醤油カエシ。厚削りの鰹節が合わさると何故か酸味を感じる。茹で過ぎず小麦粉の旨味が残る平打ちきしめん。歯応えがあり好みだ。具材はエビ天+温玉。エビ天は注文入ってから揚げるのでカラッと。温玉の使用法は各種編み出してくれ。自分は最後に丸呑み。新幹線改札ダイレクトインではなく在来線改札から各ホームのお店を堪能することをお勧めする。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「肉うどん¥780+ウズラ¥100」@肉うどん さんすけの写真名古屋に遠征。元大宮二郎店主さんが開業したお店だ。19:00過ぎの入店で店内5割の入り、後客も続いており客入りは良さそうだ。恐らく山盛りメニューであろう「濃厚肉うどん¥980」も気になるとこだが、取り敢えずは人気No1の表題をポチっと。因みに二郎らしいプラチケの券売機に頬が緩む。二郎よろしく高台にパチン!後要求で現金対応のウズラをお願い。

現るは二種の肉が搭載された一杯。つゆは昆布の旨味がしっかり出た出汁に独特な甘みを放つ醤油カエシ。溜まり醤油とのことだがこの地域特有の味わいなのだろう。麺は平打ちきしめんタイプ。多加水でピロピロモチモチ食感で個人的にはもう少し硬めが好みかな。二種の肉の一方は脂身少ない部位の薄切り。もう一方は拳大のゴッツイタイプ。腕肉だろうか、噛み応えとジューシーさを併せ持つもので正しく二郎を感じさせる具材だ。

この日は別の店員さんのオペで店主さんをお見かけ出来なかったのが残念だ。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「冷かけうどん¥280」@麺家 京都下がも店の写真関西遠征の〆に在来線ホームに佇むコチラ。京都も蒸し暑く見つけた冷かけをポチッと。かまぼこが可愛いビジュアルの一杯。透明度のある関西風お出汁つゆはしっかり冷え冷え。冷やしだと出汁感を感じづらいのが残念だが塩味も抑えめで飲みやすい。山葵ではなく生姜というとこが特徴的、関西出汁には合わない訳がない。うどん麺は関東で頂くよりかは細めのものでコレが関西風なのだろうか。〆られてるのでコシは残っている。卓上のすりゴマをたっぷりかけてフィニッシュ。

うどんも地域性が出るのでしょう。もう少し関西のうどん文化に触れてみたい。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件