なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ラーメンロックンオヤジ(再獄)

男性

ラーメン大好きおやじです。何でも旨く感じるバカ舌と文才の無さで上手な表現が出来ませんがご了承を。日本全国飛び回ります。

平均点 74.615点
最終レビュー日 2019年10月13日
91 56 0 102
レビュー 店舗 スキ いいね

「【期間限定】赤ざるボーイうどん¥450」@名代 富士そば 大宮東口店の写真2019.9月の限定メニュー。ヘルボーイと言う映画とのコラボらしい。

麺側にもつけ汁側にも真っ赤な粉がふりかかるが、この粉がとても辛い。ジョロキア粉か?舌をツンザク辛さ。ただ長引く辛さではないので刺激を求めて箸が進む。艶めかしいほど純白なうどん麺、シコシコ食感が堪らない。

コチラの限定は魅力がある。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「武蔵野もりうどん¥480」@いろり庵きらく nonowa西国分寺店の写真休日出勤の乗り換え時にランチとして訪問。コチラは基本メニューはそばのみで、うどんメニューは表題と肉ねぎ汁うどんのみと言う珍しい暖簾。武蔵野うどんの本場だと言わんばかりだ。

さて勿論主役はうどん麺。やや茶褐色の平打麺、粒粒も見受けられるもの。モチモチグミグミな強靭なコシで咀嚼力を要する、まさに武蔵野うどんの麺だ。甘辛なつけ汁に思いっきり潜らそう。薬味のネギ、ショウガ、そして卓上のゴマを大量にスリスリすれば更に美味さはアップする。

やはりラーメンでもうどんでも麺がしっかり主張するタイプが好きなのかな。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ざるうどん¥350」@いろり庵きらく 新松戸店の写真千葉を赤染めするため勝浦からの帰り道に途中下車。コチラはコンコース外にある店舗。

つけダレは関東風の甘辛濃口醤油が先行するタイプ。安心する味わいにホッとする。うどん麺の品質も安定感がある。冷やしのため若干ボソっとするがコレがまた良いのだ。

純粋に麺とつゆを頂く。何と贅沢な時間だろう。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「かき揚げせいろうどん¥390」@小諸そば 新越谷駅店の写真何故か新越谷に居ます。東武線新越谷駅コンコース内にあるコチラへ。

つけダレは和風出汁に濃口醤油ダレの甘辛。コチラの良いところは卓上にネギ、ワサビが準備され入れ放題であること。遠慮なく投入しよう。うどん麺は安定の駅うどんタイプで安心して頂けると。作り置きのかき揚げ、やはりその輝きを放つのは温麺との相性だろう、やや硬さが気になるが練り込まれた具材の豊富さには満足。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「日替わり定食(小冷うどん)」@ニュー芭蕉庵の写真お得な日替わりセットを冷うどん付きで。

艶やかで透明感のある加水高めの麺。ツルツルシコシコな平打ち麺、つゆの吸い込みもまずまずで、どっぷりとツケても良いだろう。カツオ出汁に味醂由来の甘みを伴った醤油ダレ、日本人なら安心していただけるつけ汁。当然ながらネギとワサビは必須だ。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「肉汁うどん¥700+ふりかけご飯(クーポンで無料)」@小平 うどん 本店の写真やっとこ訪問した。日曜12:40の到着で外待ち5名はラッキーなんだろう、後客は膨れ上がっていた。

さて武蔵野うどん麺の凶暴性を堪能出来るお店。割箸よりも太い褐色の自家製極太麺は小麦粉そのものの風味とグミっとした食感。つけ汁にチョット浸したくらいではつけ汁の染み込みはない。そのための大量に投入されたネギと豚バラだろう。麺を浸す度にネギor豚バラの同居は必須だ。つけ汁は鰹節を中心とした出汁と醤油ダレの和風、塩分濃度はさほど高くないので所謂スープ割をしなくとも完飲可能だ。400gの表記も茹で後の膨張率はラーメン程ではなく難なく胃に収まる。HPからゲット出来るクーポンによる、ふりかけご飯との組合せで満足するだろう。

地粉の力強さと鰹節香る甘みのあるつけ汁を堪能。このバラ肉の美味さは最高だね。カレーうどん(つけタイプ)も同額と言うのも凄いことだ。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ざる並¥290+野菜かき揚げ¥130」@丸亀製麺 大宮すずらん通り店の写真冷水で引き締まったうどん麺。若干緩いような気がする。もう少しコシが欲しいとこ。やはりこの暖簾は釜揚げが一番のメニューだろう。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 8件

「もりうどん¥300」@名代 富士そば 大宮東口店の写真そばに比べると気持ち少なく感じるビジュアル。だがうどん麺の品質には抜かりない。冷水でキッチリ〆られモッチリさとコシがある。ブツブツ切れることもなく愛おしく一本一本の麺をツケ汁に潜らせ啜る。江戸っ子のように1/3つけて、というのもアリだが全部を浸そう。何故なら薬味のネギも思い存分絡ませ楽しみたいからだ。鼻に抜ける山葵の風味も堪らない。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 4件

「ざる(小)¥290+ちくわ磯辺天¥140+ご飯¥130」@丸亀製麺 ララガーデン春日部店の写真2019.1.8

動画で見かけたアルやりたい事があっての訪問。

氷水でキッチリ引き締められたうどん麺の心地良いコシ。山葵を溶かした濃口つけ汁との相性は抜群。ネギも大量投入し清涼感を更にアップ。天カスのコクもプラス。

さてさて、やりたかった事、それは「天カス丼」、写真右上のものだ。先ずはご飯に無料天丼ダレを含ませ無料スリゴマをたっぷりと。無料ネギを全面に敷き詰め、その上に覆い被せるように無料天カス、最後に無料天丼ダレを回し掛けて完成。ザクザク混ぜ合わせながら食べ進めるが、無料トッピングらを纏めるのが天丼ダレ。絶妙な甘さでコレだけでご飯行けるだろう。

ガッツリ行きたい時はこの丼プラスだな。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件

「小天ぷらうどん¥650+生ビール¥430」@天丼 てんや 大宮西店の写真2018.12.21

天ぷらでビールしたくなり訪問。透明感ある表面艶やかな平打ちうどん麺は乾麺ぽさを感じる食感で好みの分かれるタイプだと思う。つけ汁も全体的に薄く感じる。とりあえず塩味がついていて何とか食えるかな、という感じ。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件