なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ラーメンロックンオヤジ(再獄)

男性

ラーメン大好きおやじです。何でも旨く感じるバカ舌と文才の無さで上手な表現が出来ませんがご了承を。日本全国飛び回ります。

平均点 74.615点
最終レビュー日 2019年10月13日
91 56 0 102
レビュー 店舗 スキ いいね

「ワンコインきしめん¥500」@名代きしめん 住よし JR名古屋駅⑦-⑧番ホーム店の写真JR名駅内の在来線、新幹線、至るとこにあるこの暖簾。今回は在来線7、8番線を攻めてみた。POPに「在来線限定」の表題を発見し券売機で発券。ツユは昆布出汁に独特な甘みのある醤油カエシ。厚削りの鰹節が合わさると何故か酸味を感じる。茹で過ぎず小麦粉の旨味が残る平打ちきしめん。歯応えがあり好みだ。具材はエビ天+温玉。エビ天は注文入ってから揚げるのでカラッと。温玉の使用法は各種編み出してくれ。自分は最後に丸呑み。新幹線改札ダイレクトインではなく在来線改札から各ホームのお店を堪能することをお勧めする。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「肉うどん¥780+ウズラ¥100」@肉うどん さんすけの写真名古屋に遠征。元大宮二郎店主さんが開業したお店だ。19:00過ぎの入店で店内5割の入り、後客も続いており客入りは良さそうだ。恐らく山盛りメニューであろう「濃厚肉うどん¥980」も気になるとこだが、取り敢えずは人気No1の表題をポチっと。因みに二郎らしいプラチケの券売機に頬が緩む。二郎よろしく高台にパチン!後要求で現金対応のウズラをお願い。

現るは二種の肉が搭載された一杯。つゆは昆布の旨味がしっかり出た出汁に独特な甘みを放つ醤油カエシ。溜まり醤油とのことだがこの地域特有の味わいなのだろう。麺は平打ちきしめんタイプ。多加水でピロピロモチモチ食感で個人的にはもう少し硬めが好みかな。二種の肉の一方は脂身少ない部位の薄切り。もう一方は拳大のゴッツイタイプ。腕肉だろうか、噛み応えとジューシーさを併せ持つもので正しく二郎を感じさせる具材だ。

この日は別の店員さんのオペで店主さんをお見かけ出来なかったのが残念だ。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「きしめん¥350」@名代きしめん 住よし JR名古屋駅・新幹線上りホーム店の写真岐阜方面への遠征帰りにコチラを訪問。新幹線ホームではお馴染みの暖簾、実は初訪問になる。基本となる、かけきしめんをチョイス。かけでもキツネが載るのはこの地域特有なのだろうか、嬉しいトッピングだ。つゆは和風出汁に醤油ダレの黄金タイプ。やや出汁弱めで醤油で食わせるタイプだろう、もちろん日本人には馴染みのお味。きしめんは麺自体加水低くはないが若干ボソっと感じるのは浅茹でだからかな。次第に小慣れて来るのだが、つゆとのマッチアップには不満が残るもの。鰹節が入るのも特徴だろうか。出汁の手助けをしている印象。つゆを含んだキツネは堪らんね。

在来線ホーム店舗よりも割高らしいが、それでもこの内容でこのお値段は文句なし。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件