なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

しんのすけ

男性
平均点 83.809点
最終レビュー日 2019年2月10日
47 30 0 1
レビュー 店舗 スキ いいね

「うどん小「冷」150円+卵50円」@谷川米穀店の写真平成31年1月 月曜日 13時訪問

 讃岐うどんを求めてもう一軒。
 ナビを頼りにお店の駐車場まで到着。
 駐車場にはお店の看板がありました。

 そこから周りを見回しても・・・
 グルグル近くを歩いても・・・
 お店の看板が見つかりません。

 たまたま歩いていた近所のお母さんが笑って、
 お店の場所を教えてくれました。
 観光客はいつも迷っているようです。
 ちなみにお店の場所には看板はなかったです。

 ○うどん小「冷」150円+卵50円
  こちらのお店は蕎麦もありました。
  メニューは「蕎麦」か「うどん」
  選んだら「大」か「小」。
  そして「温」か「冷」を選びます。

  カウンターでうどんをもらって席に着きます。
  席にある醤油をぐるりとまわしていただきます。

  コシは通常のうどんよりあります。
  うどんの長さはちょっと短め。
  食べやすくていいですね。

  半分ぐらい食べたら玉子を潰してまぜます。
  醤油と玉子の一体感がでて美味しいです。

 お会計は200円。
 早い!安い!!うまい!!!
 さすがうどん県のうどんです。
 本場はさすがでした(*^_^*)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「うどん「冷・小」玉子付き 230円」@須崎の写真平成31年1月 月曜日 9時訪問

 つづいて讃岐うどんを!!
 こちらは、名前からして特殊なうどん屋さん。
 名前のとおり普通の食料品店です。
 食料品店でうどんを提供しているなんて・・・ 
 やっぱりうどんの本場は違いますね。

 お店に入り注文方法は3回選ぶだけ。
 「冷」か「温」。
 「小」か「大」。
 「玉子付き」か「玉子なし」
 シンプルですね。

 ○うどん「冷・小」玉子付き 230円
  ほどなくして手渡しでいただきます。
  シンプルにうどんと生姜。
  生卵は自分で割って載せます。
  出汁もなく、醤油をかけていただきます。

  メインのうどんはコシが強くなかなかの歯ごたえ。
  うどんをしっかりと堪能してると実感できます。

  半分ぐらい食べたら卵を潰して混ぜます。
  玉子の黄身とうどんが良く合います。
  シンプルに美味しいです。

 どのお客さんも店の外に器を持って立って食べたり、
 ベンチに腰かけてうどんを楽しみます。
 うどんの本場はさすがでした。
 うどんって奥深いっ!!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「かけうどん190円+おあげ100円」@さか枝の写真平成31年1月 月曜日 8時訪問

 今回の旅の目的の一つ。
 讃岐うどんを堪能しましょう。

 こちらは高松市にあるうどん屋さんです。
 こちらはセルフとなっていています。

 チェーン店のうどん屋さんのように、
 うどんの種類を伝えます。
 好きな天ぷらを器に乗せ支払い。
 薬味や出汁は自分で好きなだけ投入します。

 ○かけうどん190円+おあげ100円
  まずはかけうどんで注文。
  出汁は優しい味で朝のうどんにぴったり。

  メインのうどんは通常の食感。
  硬すぎず、柔らかすぎず。
  癖がなく食べやすいです。

  お揚げは甘めの味付け。
  トッピングに最適ですね。

 入店からお店を後にするまで15分かかりません。
 早い!安い!!の真骨頂ですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレー肉汁うどん(豚肉)880円」@カドケン (KADOKEN)の写真平成30年11月 土曜日 13時訪問

 休日のランチで訪問。
 前々から行ってみたかったお店へ。

 お店に着くと店員さんから出汁が少量になって・・・
 厨房からあと一人なら!!っと。
 お昼の部ラストギリギリ!!

 店内に入った時からカレーのいい匂い。
 カレーの匂いって反則ですよね。
 注文を取りに来た店員さんに注文。
 今回はつけ汁タイプでお願いしました。

 ○カレー肉汁うどん(豚肉)880円

  配膳されカレーのいい匂い。
  食欲が増します。
  まずはつけ汁から。
  具だくさんのつけ汁は、スパイスが控えめで万人受けしそう。
  うどんを漬けてちょうど良さそうな塩梅。

  メインのうどんは、もっちりタイプ。
  モチモチした食感でした。

  つけ汁の中は。豚肉・ネギ・あぶら揚げ。
  とにかくつけ汁の中は盛りだくさんで嬉しいですね。

 メニュー表を見ると提供しなくなったメニューが結構多く、
 うどんを食べるまでは色々と心配になったりもしました。
 お昼の閉店間際でもお客さんは結構いましたし、
 なかなか繁盛しているようでした。
 可能なら次は夜に来てみたいですね(*^_^*)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「吉田のうどん 700円」@べんけいの写真平成30年8月 金曜日 17時訪問

 山梨のご当地うどんを求めて。
 富士吉田市の吉田のうどんを求めて訪問です。

 こちらは当初の予定になく帰る道中で近いということもあり訪問。
 うどん屋さんに多いですが、昼の営業のみのイメージが強いです。
 こちらの地方でも、昼営業のみのお店が多かったです。

 そんな中、通し営業のこちらのお店。
 観光中には非常にありがたいです。

 ○吉田のうどん 700円
  お目当てのメニュー名のうどんを発見。
  さっそく注文です。

  思っていよりも盛り沢山なうどんが登場です。
  スープは京都などと比べると一気に関東風に思えます。

  うどんは、極太のうどん。
  モチモチした食感でコシは柔らかめ。
  これも独特ですね。

  「くすりだね」は、山椒をベースとした薬味。
  吉田のうどんの特徴だそうです。
  これはかなり強烈でした。
  山椒がダメな人では絶対にやめといたほうがいいです。

  麺の上にはかき揚げ・ワカメ・キャベツ・豚肉・人参など。
  たぶん、トッピングのオールスターがこの一杯かと。

 帰ってきてから、ネットで勉強。
 吉田のうどんの特徴は、非常にコシが強く付け合せには馬肉が多いそう。
 薬味には「すりだね」がついてくる。

 ・・・吉田のうどんの特徴とはちょっと違いましたが、
 美味しかったです。
 他のお店も味わってみたかったです!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「肉うどん 500円」@べんけいの写真平成30年8月 金曜日 17時訪問

 山梨のご当地うどんを求めて。
 富士吉田市の吉田のうどんを求めて訪問です。

 ○肉うどん 500円
  吉田のうどんの特徴として馬肉が乗っているのもあるそうです。
  こちらは、豚肉さんでした。

  豚肉とキャベツのシンプルなうどん。
  盛りだくさんのオールスターより、個人的にはこちらが好み。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「香露かけ 660円」@信濃屋の写真平成30年8月 木曜日 13時訪問

 今回の旅行の目的の一つ。
 恥ずかしながら調べるまで知りませんでしたが、
 岐阜県のご当地うどんです。

 こちらは、営業が木曜日・金曜日・土曜日の3日間。
 しかも、昼の営業のみ。
 ハードルが高いですが、なおさら行ってみたく、
 こちらのお店に合わせて旅行を計画しました。

 お店に着くと趣のある外観。
 中も外観に負けず、昔ながらの風景。
 もちろん相席あたりまえです。

 ○香露かけ 660円
  うどんの種類は3種類。
  香露うどんといえば、「かけ」が一番だという人が多いそう。

  配膳され真っ黒な出汁。
  恐る恐る一口。
  見た目とは違く塩分高めでなく美味しいです。
  胡麻や生姜は必須アイテムですね。

  うどんは柔らかいうどん。
  太めでコシは控えめ。
  モチモチ食感のうどんで美味しい。

 あっという間にスープまでも完食。
 存在すら知らなかったご当地うどんですが、
 非常に美味しかったです。
 機会があればまた来たいですが、営業日のハードルは高いですね(*^_^*)

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「香露うどん 660円」@信濃屋の写真○香露うどん 660円
  湯気が立ちながら登場。
  冷たいうどんよりもマイルドに出汁が感じます。
  好みの問題でしょうね。

  配膳され真っ黒な出汁。
  恐る恐る一口。
  見た目とは違く塩分高めでなく美味しいです。
  胡麻や生姜は必須アイテムですね。

  うどんは柔らかいうどん。
  太めでコシは控えめ。
  モチモチ食感のうどんで美味しい。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「赤鬼うどん2代目 1,380円」@ちゃかぽんの写真平成30年8月 木曜日 11時訪問

 国宝の彦根城を頂いた後は城下町で1休憩。
 街づくりの一環でしょうか、古い街並みを生かした街並み。
 お城と雰囲気ばっちりです。

 ○赤鬼うどん2代目 1,380円
  2代目藩主は井伊直孝。
  剛直で武骨な性格だったそう。
  そんな性格のうどんは、大きな近江牛が特徴です。

  赤い近江牛が乗ったうどんにアツアツのだし汁をかけていただきます。
  だし汁をうどんにかけると牛肉の色が変わります。
  赤味噌を基本とした味付けです。
  大きな近江牛は柔らかく食べやすいです。

 彦根城の周りには色々と魅力的なお店がありました。
 時間があれば色々と回ってみたかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「赤鬼うどん1代目 1,120円」@ちゃかぽんの写真平成30年8月 木曜日 11時訪問

 国宝の彦根城を頂いた後は城下町で1休憩。
 街づくりの一環でしょうか、古い街並みを生かした街並み。
 お城と雰囲気ばっちりです。

 ○赤鬼うどん1代目 1,120円
  お店に入ると、お勧めが赤鬼うどんとのこと。
  1代目と2代目14代目があるようです。

  1代目は初代藩主「井伊直政」をイメージしたそう。
  初代藩主は激烈な性格だったそう。
  性格に合わせた料理はピリ辛の特製ダレで食べる釜揚げうどん。

  うどんのこしは柔らかめ。
  ピリ辛のつけだれは思っていよりも辛くなく食べやすいです。
  柔らかい近江牛です。
  トロよりも赤身のほうが牛の旨みが味わえるような気がします。
  近江牛は美味しいですね。
  もっと食べたくなりました。

 彦根城の周りには色々と魅力的なお店がありました。
 時間があれば色々と回ってみたかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件