なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「サッポロ黒生中瓶→肉ぶっかけ」@いぶきうどん 吉祥寺店の写真サクッと見るなら・・・
https://udonkibaru.hatenablog.jp/entry/2018/07/11/200536

<もっと肉をくれぇ〜(笑)>

 もう相当にこの店で食い散らかしている自負が芽生えた私です。今日も、帰りがけに瓶ビールのついでにと言えば失礼かもですが、「いぶきうどん@吉祥寺」さんへとやって参りました。もう一通り、トッピングは制覇したつもりで、「さて何を選ぶか」と偉そうに嘯いていたところ、「肉うどん」が未食なのを気づいてしまいました。


 「肉うどん」・・・それは、関西オリジンの庶民にとっては贅沢なフレーズ。何かいい事あった日や、競馬で当てた日には、普段の素うどんから一気に昇格するメニュー。それが「肉うどん」。完全に今まで忘れておりました。ただ、真夏日だったので、ぶっかけで今回はよろしくです。


 それにしても、久しぶりだなーーーー肉うどん系。10年は食ってないメニュー。すっかり関東の人間に染まってしまいました。ウキウキ気分で待ち受けていると、カウンターで受け止めたのがこの麺顔です。


 ・・・・・絶句。券売機の絵と同じようにとは言わないが、肉が少なくね・・・。素ぶっかけが290円に対して、肉ぶっかけは600円。差額310円の質感としては、寂しすぎる。思わず、無意識に、スタフさんにメンチ切ってしまいました・・・(ホントごめんな)。5秒は呆然として受け取ったまま立ち去らないオレでしたので、後客から逆にメンチ切られました。オヤジ早くどきなよ!って眼力で。


 幾ばくかのストレスを感じ、しょうもない意地と、拗ねる気持ちがあいまって、うどんそっちのけでまずはサッポロ黒生を飲むことに集中します。何かを抑えるために・・・・。


 そして、うどんを食いだす。旨い。肉は、一瞬で全部飲み込んでやりました。


 ただ、甘辛い牛肉のエキスは、ぶっかけの出汁に溶け込んで、ネギと天かすの風味も追加で溶け込んで・・・・悔しいけど旨かった!。


 麺ライフLOVEな私なんだけど、ちょっぴり切ない気持ちの一杯でした。長年、麺ライフ続けていると、こういうことも誰にもあるよね。今回は水に流して、また再訪問しますよ。だって、基本的には旨い店なんだから!(ここは揚げ物トッピングがオススメだと知った)。


 とりあえず、ごちそうさま。今回は愛のムチってことで。旨いのは承知ですよ!

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 8件

コメント

あー分かります。価格が倍以上なら、せめて天かすくらいは凌駕してほしい。いや、すべきだ。出来ればネギも凌駕してほしい。一瞬で飲み込んでやる気持ち、分かります。悔しいけど旨くてよかったです!!

カナキン51 | 2018年7月12日 00:04