なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ねぎ玉牛めし430円&ミニうどん150円」@松屋 千日前店の写真2019年正月の青春18切符で行く西日本旅行の二日目、この日は午前中は岩国へ、午後はひたすら列車に乗り、東へ東へ。18時頃に大阪まで戻ってきました。西の方から大阪まで来ると、なんだか帰ってきたような気がします(自宅は千葉ですが・・・)。勝手知ったるミナミの地へとやってきて、激安ホテルにチェックインしてから野暮用を済ませ、酔った勢いでもう少し何かを食べたくなりました。丁度前日、岡山の松屋さんでクーポン券も貰っている事だし、また松屋にでも行きますかと、千日前の松屋さんへ。

 日曜日22時半頃の来店で、店内は4名ほどのお客さんと2名の店員さんが。人でごった返すミナミですが、松屋さんのような定食屋は意外と空いているようです。券売機で食券を購入。今回は”ねぎ玉牛めし”430円をクーポンで400円にして、更に西日本方面の松屋さんでしか食べられない”ミニうどん”を選択しました。ミニうどんは150円で、合わせて550円です。

 注文から3分くらいで登場!

 おつゆ:信じられないですがかなり美味いです。関西風のおダシで、あっさりしていながらもダシの味がしっかりと出ています。醤油のカエシなどは最小限で、専らダシの旨味で食べるような味わいでした。カツオダシ一辺倒でもこの味は出せません。味の方向性はミナミに数軒ある激安うどんそば店の味に似ていました。

 麺:中太でちゅるっと柔らかな麺でした。麺はコンビニなんかで買えるチルドコーナーのうどんの麺に近いですが、柔らかくて食べ易く、飲んだ後の〆には最適な食感でした。ミニうどんなので量はそれほど多くは無く、100グラム程度かなと思われます。全体量の少なさも飲んだ後の〆に良さそうです。

 具:わかめ、ネギなど。揚げ玉などは入っておらず、わかめとネギのシンプルな内容でした。さっぱりとしていてうどん全体の品位を損なわない、地味ながらも隠れた実力者たちです。わかめ量は適度な量なので、わかめが目立ち過ぎない所もまた良いです。

 今回は七味をかけるだけで食べました。もしかしたら、卓上の無料調味料を調合する事で神がかり的なうまさのうどんを作り出せる可能性は有りますが、ちょっと怖いので止めておきました。うどんの種類にはカレーもあるので、ミニカレーうどんとご飯のセットにして、カレーめしをやってみても良いかもと後で思いました。次回はそれでやってみようかと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。