なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「天つけうどん」@玉喜亭の写真かき揚げの、揚げたて特有の香りに緩む口角。さて、人生初の吉田うどんだ。一見すると讃岐のような艶やかな太麺だが、箸で摘んだ刹那、これは完全に別物と察知する。重い、そして硬い。啜ろうとしても全然遡上して来ない。
複数本を啜り込む方法は諦めて、一本ずつ楽しむと、剛質を噛み切る、いや、砕く食感と共に、濃厚な甘みが口内から鼻腔で踊り狂う。これが醍醐味か!
汁は鰹、煮干、昆布あたりの王道だしに、味噌と醤油で味を整える。味が濃いめかと思いきや、熟成感と離れの良い芳醇な風味が主体のため、そのまま飲んでしまえる程だ。しかし、力のあるうどんに全く劣らぬ頼もしい存在感。
卓上薬味は唐辛子と山椒、胡麻などを練り詰めた激辛で、汁側に少量放り込むと、辛味でだしのコクが一気に引き立った。これは使わないと損だろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。