なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「釜玉うどん370円(夜鳴きうどん祭で2杯目無料)とろろ70円」@丸亀製麺 我孫子店の写真2019年11月5日より”夜鳴きうどんの日”と言う訳で釜玉うどん2杯目無料キャンペーンが始まりました。今回は8日金曜日まで4日間です。前回は9月だったので、2ヶ月を経てのキャンペーン再来です。確か去年も同じ時期に似たようなキャンペーンが行われていました。

 19時10分頃の来店で、なんと店内並びゼロ!我孫子店でこんなに空いているのは初めて見ます。並びなしで注文口へ。注文すると1分ほど待つというので、先に会計をする事になりました。ちなみに今回の注文は「釜揚げうどん」370円に、とろろ70円を追加しました。

 注文から2分半程度で実食!

 おつゆ:釜玉うどんなのでおつゆはありません。ダシ醤油をかけて食べるのが最適解ですが、卵だけを崩して食べてもちゃんと味がします。うどん自体が塩を使っていて、生卵のトロッとした甘味が混ざって、優しい塩気のある味わいです。離乳食っぽい味でもあります。ダシ醤油はかけすぎると醤油のしょっぱさが強く出すぎるので注意。今回は天つゆをかけてみましたが、ダシ醤油よりも甘みがあるのでこちらの方が良いかもしれません。また中盤からはとろろを入れると、トロネバ食感も加わって滋味深い味わいに。味自体は薄くなるので、更なる”追いダシ醤油”が必要です。ワサビを入れても良いアクセントでした。

 麺:太めで角ばったあの”讃岐うどんの麺”です。同じ日に本場讃岐・・・の金比羅山でうどんを食べ、丸亀製麺さんでも食べて同じ味だったので間違いないです(あくまで個人の見解です)。麺量は並で250グラム、並2杯なので500グラム。得盛と同じ量になりますが、ぶっちゃけ私の胃袋としては、500グラムもいらない・・・お腹一杯でした。

 具:店員さんにて生卵をそれぞれの丼に投入してくれ、ネギや天カス、下ろしショウガなどはセルフになります。前にとあるお店の女の子に「釜玉うどんはネギも天カスも入れず、醤油だけかけて食べる」と言うストイックな食べ方を指南してもらったのですが、貧乏症な私はその食べ方に挑戦する心の余裕がありませんでした。いつかやりたいと思います・・・(汗)。

 今回は片方は釜玉とろろうどんにして、もう片方をノーマルの釜玉うどんとして食べるつもりでしたが、1杯目でノーマル釜玉&釜玉とろろとして食べてしまったので、もう1杯はかけうどん&釜玉ダブルとろろうどんとして頂きました。2杯目の生卵をそのまま1杯目の丼に投入して”卵2個ととろろ”状態にして、そこに2杯目の麺を移して食べました。卵のトロミや味わいがダブルの濃さとなり、とろろのトロみも加わって、過去味わった事のない味わいになりましたが、それが特別おいしいかと言えば「普通の美味しさ」止まりでした。そんなにべらぼうな味の変化でもなく、想像の域を出ない・・・ちょっと卵感が濃くなったかな、くらいの変化に留まりました。

 そんな訳で色々な食べ方を試してなんとか並2杯をクリアしました。完食してお盆を片付けようと立ち上がったら、近くにいた店員さんが来てお盆を片付けてくれました。先日の松戸二十世紀ヶ丘店に続いて、2回目のお片づけサービスに感動でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 12件

コメント

まだコメントがありません。