なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

7/30 10時20分頃 初訪問

高松市中心部からレンタカーで1時間位かけて辿り着きました。はい、とんでもない山の奥です。途中、どう考えても人が住んでいない山道を通りますが、店のある一帯はさすがに人が住んでいて村のようになっています。横に川というか渓流的なものが流れています。

正式な開店時間は11時ですが、準備が出来次第前倒しで開店する方式のようで、お客さんが多過ぎる時は11時の時点で売り切れ閉店になるとか。そんな恐ろしい噂を聞いていたので10時に着くようにしました。平日にも関わらず10時20分位の開店時には20人弱くらい並んでいました(汗)。

入り口すぐ右側が受付になっていて、注文をすると一瞬で出て来ます。注文から10秒はかかっていないと思います。テーブルがいくつかと、壁際にいすがあり、皆さん慣れた様子で適当に座って食べています。料金は後払い方式。

【麺】
今回の香川遠征で食べた4軒の中では一番柔らかく「ふんわりプルプル」としたコシです。他の店に比べると麺も細めでツヤツヤとしているところからも「優しげ」な印象を受けました。うどん自体にも味がしっかりありますし、醤油と卵をからめて食べると抜群においしいです!

といっても、人の多さと店の雰囲気に圧倒されて、あまり落ち着いて食べられませんでした。

【醤油】
普通の市販の醤油瓶に入った醤油をかけるんですが、これは市販のものなのか、それともオリジナルなものなのかはよく分かりません。味は強めでさわやかな酸味が効いています。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。